初動負荷トレーニング®とは?初動負荷トレーニング®とは?

TRAINING OUTLINE初動負荷トレーニング®とは?

「満身の力で、
重たい物を何度も持ち上げる。」
「トレーニング翌日は、
筋肉痛で身体が痛い。」
そんなイメージを
根底から覆すトレーニングです。

リラックスした状態で、軽い負荷の運動を行います。
理想的な力の出し方により、血流・代謝を活発にする心地よい運動です。
心拍数や血圧の急激な上昇を招かないため、血圧が気になる方も安心して行っていただけます。
脳血管障害による麻痺の改善例も多く、厚生労働省主催 介護予防市町村モデル事業に
採択されるなど、介護予防トレーニングとしても知られています。


期待できる効果

  • 血流や代謝の促進
  • 老廃物の除去
  • 疲労回復
  • 身体の歪みの矯正
  • 筋の柔軟性と
    弾力性向上
  • 関節可動域の拡大
  • 関節や筋肉のストレス除去
  • 神経と筋肉の
    機能連関の向上
  • 瞬発力やパワーの向上

パワー・スピード・柔軟性を求める
数多くのトップアスリートに
活用されています。

さまざまなニーズに
お応えできるトレーニングです

イメージ
  • ●介護予防
  • ●関節痛の緩和
  • ●ゴルフの飛距離向上
イメージ
  • ●ダイエット
  • ●肩こり、冷え性改善
  • ●姿勢改善
イメージ
  • ●スポーツ技能向上
  • ●ケガ予防
  • ●発育の促進

マシンについて

B.M.L.T.カムマシン

B.M.L.T.カムマシン®

初動負荷トレーニングは、最新のスポーツ科学に基づき独自開発した
B.M.L.T.カムマシンを用いて行います。国際特許を取得しており、
(株)ワールドウィングエンタープライズと提携した施設のみに設置されています。
医療用リハビリテーションマシンとしても認可され、
生活習慣病の予防やリハビリにも有効なことから、
病院や介護施設でも利用されています。
当施設では、10種類・16台のB.M.L.T.カムマシンを設置しております。


初動負荷トレーニング®創案者のご紹介

小山裕史(こやま やすし)

トレーニング創案者
小山裕史(こやま やすし)

株式会社ワールドウィングエンタープライズ代表
B.M.L.T.生命医科学研究所 所長
高崎健康福祉大学 保健医療学部理学療法学科 教授
早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程修了博士(人間科学)(早稲田大学)
「初動負荷理論」「制御〔神経筋制御〕〔運動制御〕」「バイオメカニクス」の研究者

主な指導選手

イチロー(野球) 山本 昌(野球) 山口 俊(野球) 三浦 知良(サッカー) 本田 圭佑(サッカー) 宮市 亮(サッカー) 青木 功(ゴルフ) 伊沢 利光(ゴルフ) 杉山 愛(テニス)他

主な著書

「奇跡」のトレーニング/講談社2004
小山裕史のウォーキング革命/講談社2008
希望のトレーニング/講談社2014/小山裕史監修

希望のトレーニング